読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

相葉雅紀という正義

届きました、読みました。正直な感想は私が思ってたのと違ってたと。テキストが楽しみで買ったのですが、もっとここ核心に触れてーって思うところ多々でした(笑)ライターさんの言葉にうなずくことが多くて、もっともっと相葉くんの言葉が聞きたいよーっていう感じ。

 

買う前から気になっていたのは、1番嫌いな言葉「嫉妬」。ここについてのテキストを残したかったのですがありませんでした、残念。他の雑誌で言ってたのかすごく印象的だったので。たしか、人を妬むことに時間を使うんじゃなくて、自分が向上するために時間を使いたい、だったかな(あやふや)。

 

今回のことでタイトル買いは控えようかな、本屋さんで買おうかなって思いました。でも相葉くんがとってもクールにかっこよくきめているお写真だったので、それを手元における幸せ、ということで。

 

 

相葉くんは、コンサートや番組、時には雑誌などでとても心に刺さる言葉を残してくれます。それはとても温かくて優しくて、そして強くもある言葉で。良いことを言おう、という意識の下言っているのではなく、本当に自然と出てくる言葉な気がしてます。彼の笑顔の裏には、きっととてつもなくいろんな感情がうずめいていて、でも、それを私たちが見ることはきっと出来なくて。きっとそれが彼のプロ意識なのだろうと思ったりもするけど、もっともっと深い何かがある気がして。でも、時たま放つ危うい(絶対落ち込んでいるところは見せないといった類の危うさ)一言で、私たちは心配になったり。結局のところなんも分かってないし、きっとずっと分からないんだろうけど、彼を、彼らを見ているととても幸せでパワーが出てきます。これでいいんだと思います。

 

 

話がずれてしまったので軌道修正。テキストは私の思うものとは違ったけど、このタイトルは秀逸でした。私にとって嵐は誰もが正義なんだけど、相葉くんと「正義」の言葉の相性の良さったらないなと思います。相葉雅紀という正義、この言葉は一見すごく強いメッセージなんだけど、相葉雅紀という存在が温かいので、押しつけがましくないタイトルになっている気がします。そういった意味ではテキストも相葉くんが自分の理論をガンガン喋る感じではなく、ライターさんに委ねていて、それもまた「相葉雅紀という正義」なのかなと。読んで感じたのはこんなことかな。

 

 

 

さてさて、ゼクシィのCMソングが嵐さんに決まったと!!

zexy.net

 

 

♪だから永久にあーいあいあいあい愛し合って~♪なんだかキャッチーで楽しそうな曲。シングルかな、アルバムかな、楽しみだな〜。嵐さんの次の一手がどんどんくる。待って待ってーってなるこの幸せ。さて、また新たな次の一手のために節約して、やるべきことをしっかりやって待ちましょう!!!