読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

FSⅡと汐留と。

東京に行ってきました。目的は汐留グッズと個展。

 

FSⅡ。大野智が見ている景色を私も見てみたい!そうやって写真集を見てました。感想を一言で言うと「想像以上」でした。芸術のことなんて正直よく分かりません。ここの技術がスゴイとかなんとか分からないんです。でも、入った瞬間に心がざわっとしたんです、鳥肌が立ったのです、涙が出そうになったのです。なんでなのか分かりません。「自由に見て回ってください」というスタイルだったので何度も同じ絵を見れたし、近くまでいって食い入るように見れました。触れちゃうくらい近くで。1時間じゃ足りないくらいでした。もっともっと見てたい!ずっと見てたい!って思ってしまうほど素敵な時間でした。グッときたのはオープニングのところと、子どもの絵。オープニングで見た智くんのサインはしっかり目に焼き付けました、これから始まるというワクワクするような高揚感。そして子どもの絵は智くんが何かで語っていたのでその想いもあってかな、グッときました。そして本当に細かくて、どうやってその点書いたの?、何を思って書いたの?って。そして希望があふれる感じ、なんだろう、ずーっと見れました。その反対面の子どもの絵の目のメッセージ性。しっかりとしたあの目、ずっと頭から離れません。もっともっと書きたいことはたくさんあるんですが語りつくせないので、この辺で。前の個展を見に行ってないので、大野智がこう変わったとかは分かりません。でも、大野智という人が見ている景色を少しだけ垣間見れてとても幸せでした。私も絵をかいてみたいな、絵じゃなくてもいい、時間を忘れるくらいグッと集中できるもの探したいなと思います。

 

そして汐留。1回目行ったらまさかのバングル売切れ。えーどうすんだって思ってたら心親切な方が別日に代行してくださいました。人の優しさに触れました、ありがたいなぁ、優しいなぁと。助けられて生きてるなぁと。本当に感謝感謝です。

 

東京在中はコロコロバイキングしたり、色々散策しました。もっともっと嵐旅したいなぁ、嵐旅出来るくらいの嵐友欲しいです。創作もしたいし。やりたいことたくさんです。