読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

宮城への道のり

行ってきました、宮城へ!嵐さんに会いに!!

 

2015.09.20

朝、東京から宮城へ出発

東京駅に早くつきすぎた私。待っていたら、話しかけてくださる女性の方。

 

「嵐ですか?今日いかれるんですか?私もなんです!」

 

その方とたくさんお話ししたので、待ち時間もあっという間。私の方が先の出発だったので、お名前伺って、今日は楽しみましょうね、と。

 

新幹線で約2時間、窓からの景色を眺めながら仙台へ向かいます。仙台が近づくと、放射能が含まれた土が入った黒いビニール袋、仮設住宅、まだまだ復興の途中なんだと認識。全然終わってなかった。嵐さんがここ仙台でBLASTをしようとした意味。私なりに考えました。

 

そして仙台到着!すると仙台駅には大きな嵐さんがお出迎え。HITACHIの幕がずらーっと並んでいました。それだけでテンションあがります。ひとまず、ホテルに行って荷物を置きます。ホテルに着くと、受付の方も「嵐のコンサートですか、楽しんできてくださいね^^」と素敵な言葉とともに見送ってくださいました。

 

さてさて、シャトルバスに乗ろう。シャトルバス乗り場はあんまりわかんなかったけど嵐のかばんもっている人についていったら到着。早く着いたので並んで待っていると、今度は前に並んでた親子が話しかけてくださって、バスの中もおつきあいいただいて、楽しく会場に到着。

 

待ち合わせまで少し時間があったのでぷらぷらして、少しして合流。初めましてだったけど楽しくお話ししながら、大野くんの絵を見ました。

 

大野くんの絵が飾ってあった場所は震災の時遺体安置所だった場所。そこに並ぶ子どもたちの絵、希望の絵。過去と現在、そして未来をつなぐような状態。いろんな想いが込み上がってきました。約4年と半年前まではきっと絶望でしかなかった場所。そんな場所にたくさんの人、たくさんの希望にあふれた絵、智くんの絵。まるで数年前のそのことが嘘のような。心の中でずっと手を合わせていました。

 

 

そして、Wゲートにたくさんの人がいたので並びに行くことに。並んでたら列が違って、お兄さんが「こっちですー」って言うからみんなでおしくらまんじゅう。無事に入場できました。席について見るとなかなかいい席でわくわくが止まりません。twitterで知り合った方数人とお会いし、ワクワクを共有。

 

 

そしていざ、開幕。