読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

おもてなし

今回のBLASTで感じた「おもてなし」。素晴らしかった「おもてなし」。

 

twitterで様々なコメント、画像が今でもまわってきてきてあたたかい気持ちになります。それもこれも地元の方々のおかげ、ボランティアの方々のおかげだと思っています。他にもスタッフさん等たくさんの方の力のおかげだと思っています。

 

<blockquote class="twitter-tweet" lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">宮城スタジアムのボランティアを率いる隊長サマによる、嵐のコンサートの後日談。... <a href="http://t.co/xSUzPJTypP">http://t.co/xSUzPJTypP

— 津田和俊@てっぽう撃ちたい (@kaztsuda) <a href="https://twitter.com/kaztsuda/status/647758598274023425">2015, 9月 26</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

 

 

「コンサートの帰り」がそのイベントの印象を大きく左右する、確かに。

 

帰りのバスのとき迷うことなくシャトルバス乗り場までつきました。乗り場に着くまでにもたくさんのスタッフさんがいらっしゃって大きな声で誘導されてました。「〇〇駅行きのシャトルバスは左に曲がってください、ひーだーりー、ひーだーりーです、アクセスツアーのバス乗り場は右です!」左は強調するのに右はあっさりなのね(笑)、と楽しむ余裕さえありました。ふつう殺伐とするじゃないですか、激混みなわけですから。でもみんななんとなく少し余裕があったのです。途中にも案内する方がいらっしゃって、本当にスムーズでした。バスの列に並んでからは結構かかったけど、ずっと嵐の曲がかかっていましたので楽しく待てました。そしてバスに乗り込むときもスタッフの方が「ありがとうございました!!!」とすごくいい笑顔で言って下さったのが印象的でした。『いやいやお兄さんお姉さん、私たちの方こそありがとうございました!ですよーーー!!!』って叫びたい気持ちでいっぱいになりました。

 

 

本当にいい気持ちのまま帰ってこれたのはたくさんの方々のおかげです。

 

スタッフのみなさん、ボランティアの皆さん、お世話になりました、ありがとうございました!!!!