読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

続・ファンは盲目

読み返してみたらまぁ読みにくい、前書いた「ファンは盲目」。なので、ですます表記はやめてみようかなと思います。

 

 

さて、「続」ということで、なぜ書こうと思ったか。それはまた様々なことが浮かび上がってきたから。もう私的にこの話は終わっているけど、後で振り返るときのために書こうと思う。

 

 

まずは少し振り返り。

忘れもしない9/17の深夜。翌日発売されるフライデーに大野智が載る、と話題になった。「嘘だろう」と多くの人が思っただろう、しかし嘘ではなかった。発売されるや否や、というか発売される前から画像が出まわり、ジャニヲタ探偵部活動開始。そしてお相手のSNS特定、写真を鑑定し証拠をあげる(私の中での通称「パグ事件」)。そして宮城のコンサートを迎え、いったん落ち着いた。かと思ったが、探偵部は更なる調査を続けFacebookも特定、さらに確実な写真を見つけて確実な証拠をあげる。船長のブログも発見され、しかも写真もあげられていたため例の「まなおかふじみ(藤岡まなみ)」の写真と照らし合わせる。さらに時は流れ、また忘れたころに今度は5年日記やJALの機体に疑惑が登場(JALはファンの勘ぐりすぎな気もする)。そして、最新な情報として今度は「指輪」である。上村愛子さんの回だという。

 

大野智、収録中に指輪を外す」事件(以下、指輪事件)

 

 

こうやってみると、たくさんのネタを提供してくれる大野さん。この指輪事件にもファンの反応は様々である。もう面白くなっちゃってる方もいる。そして論点がもうずれにずれて「指輪を外す大野智がかっこいい」とか「二宮とのペアリングだろう」とか。ジャニヲタ強し。フライデーでだいぶ強くなったのだろう。この指輪を外すとき、『二宮くんに「外せ」と言われている』というのも見た。私は未確認なのだが外せと言われて外すのはおかしな話だ、衣裳ならつけてればいい。希望的観測をするなら、大野くんが衣裳で指輪してたんだけど、窮屈になって「痛い」とにのに言ったら「外せば」って言われた、これかな。

 

 

 

今回の様々な事件で思ったのが、「大野智、緩すぎ」である。リスクマネジメントを櫻井翔もしくは松本潤に学んでください、教えてもらって。私は嵐が好きだし、ちゃんとアイドルとしてお仕事してくれるなら、法を犯さない範囲で何でもしてくださいというスタンス。恋愛だってしたらいいし、年頃だもの恋愛してください、と思っている。だけど、それを隠すのもお仕事。アイドルはそういう仕事。そこはプロになってもらわないとこっちもどうしていいか分からない。お金や時間を割いて夢をもらいにいってるのだから、夢を売ってください、パグTを売るんじゃないよ、夢だよ、売るのは。ファンはよく見てるし、探偵部出来るくらい調べようと思ったら調べれる。嘘でも本当でも、本当っぽくできちゃう。今回の指輪事件も切り取るところに悪意があるという人もいた。

 

 

ただ思い出してほしい。

しやがれに東山さんが来てくれた回に、東山さんが言っていた、

 

「色んなグループを見てきてたけど、やっぱり長続きするのって、その人がちゃんとしてるかどうかだからね。その個がちゃんとして、でまたグループとしてちゃんとしないと、ファンの人って離れるの早いからね」

 

「なんか一人わがままなやつが出たりとか、段々狂ってくんだよ、チームワークが。歪みってね、見逃さないのよ、ファンの人って。あっ、て言う感じで、見事なくらい。」

 

 

この言葉。もう一度この言葉を胸に刻んでいただきたい。大野くん!

 

 

嵐は謙虚な人たちが集まったグループだと思っているし、お互いに尊重もしている。誰かがピンチの時も他の4人が支えて、5人でスクラム組んで乗り越える。「わがままなやつ」はいないし、チームワークもいい。歪まない。だからきっと「歪み」を感じて離れていく人は少ないと思う。宮城のコンサートを自分の目で耳で感じてきて、あくまでも私は歪みなんて微塵も感じなかった。

 

 

 

大野智という人は、きっと大野智本人が思っているよりもたくさんの人に愛されている。ふわっとした笑顔、恥ずかしがる謙虚さ、しなやかなダンス、のびやかな歌声、プロのアーティストからも認められる絵、ぼーっとしてたと思ったら一言で観客を沸かせる発言力、演技の振り幅。これ以外にもたくさんの才能を持って、そして認められ、愛されている。不特定多数の人に愛されている事実をもう少しだけ、ちゃんととらえてほしい。

 

 

私が今回の諸々の事件で安心したのは、けが人が出なかったこと。考えすぎかもしれないが、不特定多数の中に頭のおかしなファンだっているのだ。私が出会ったファンの方々はみんな温かく、穏やかで優しく、おそらく大多数がこっちである。ただ、それだけではない。少数ではあるがいるのだ、頭のおかしなファンも。大野智もまなおかふじみも刺されなくてよかったよ。本当に。

 

 

 

 

嵐はまだまだ伸びるグループだと思っているし、愛されるグループだと思っている。それを支えるのはファン。時間を割いて、お金をかけて駆けつけるファン。そういうことをもう少しちゃんと理解してほしい。ライブの後には、大野智はいつも言ってくれる「ありがとう」と、そして「ついてきてください」と。その言葉に責任を持ってお仕事してほしい。一度口に出した言葉に責任をもち、日々の言動に注意してほしい。ファンを悲しませないで、がっかりさせないで、尊敬させていて。

 

 

 

お前は何様か、というようなことも書いたが、私は嵐が好きだし、大野智も変わらず好きである。先ほども書いたが大野智は愛される存在だし、何と言っても嵐のリーダーだ。気を引き締めてリーダーやってください。それだけ。ハワイの映像を見るとやっぱり好きって思ってしまう。VS嵐のハワイ企画のときにくしゃっと泣く大野智は本当に愛すべき存在なのだ。

 

 

今回この件に関して「ただの友人。一切会いません」この言葉を信じるか信じないかはファン次第。

 

 

 

盲目とは

1.目の見えないこと。

2.他のものが目に入らず、理性的な判断ができないこと。また、そのさま。

 

 

ファンは決して盲目ではない。盲目になったふりをしているだけ。盲目な状態を楽しんでいるのだ。理性的な判断も出来るし、他のものも目に入る。そのことを忘れないでいてほしい。

 

 

 

あとで振り返ったときに、あーこんなこともあったなぁと笑っていられますように。