読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じゆく 光る 5つの輪の向こう

嵐さんが踏み出す次の1歩についていきたくて。

みんなちがってみんないい

さてさて、名古屋終わりましたね。久々の「ですます」口調でお話し。薄目でツイートをお気に入りへ放り込みました。そこで、少し気になったことを。嵐のライブの内容に触れるものではありません。あ、少し触れるかもだけど、曲名とか演出とかではありません。

 

 

潤くんの放った一言

 

ダブルアンコについて

「今ネットすごいじゃん。これ1度出ちゃうとまた出るようになっちゃうからなー。ぜってー書くなよ、前フリじゃないからな」

 

 

これを前フリととらえた方多数で、私はこれを読んで「そうか!やっぱりな!よし!」と思いました。

 

潤くんの本意は分かりません。あんだけの人数がいて、受け取り方、感じ方、思うことは様々です。twitterでも、盛大な前フリととらえて報告してくださる方や、「言わないよー」って言う方(笑)、「潤くん言うなって言ってたじゃん!V6ファンにできて何でできないの?(コンサート最終日にリボンテープを降らすというサプライズ演出を成功させた)」とおっしゃる方も。個人がどう感じ、どう思い、どう行動するかは自由だと思うのです。法律をおかさなければ、本人の正義と倫理に従って責任を持って言動すればそれでいいと思います。自分の意見を人に押し付けることとは違う。「みんなちがってみんないい」です。自分の言動に責任を持てば、ね。

 

 

 

私が気になっていたのは「アンコール当たり前現象」。

最近、あらしコールを人任せにする方多くて。いや、体調とか電車の時間とか、それぞれ都合があるのでそこについては何も言いません。けど、出てきてほしいのに、元気なのに「人任せ」になっているのが納得いかなくて。なんで呼ばないの?出てきてほしくないの?って。私は出てきてほしいから「あーらーし!」って呼ぶけど。

 

それに最近はやたらと「マナー」という言葉が独り歩きしてる気がします。もちろんマナー違反はいけません。迷惑になる盛り髪はダメだと思うし、ダフ屋にチケットを売るのも違反です。けれど、嵐に「もっともっと!!!」って求めるには「あーらーし!」と叫び続けることしか手段がないんです。だから規制退場のお兄さん(もしくはお姉さん)が出てきてもあきらめずに叫び続ける。義務ではないけど、出てきてほしかったら「愛を叫べ」です、叫ばないと出て来てくれません。だから、叫び続けるのはマナー違反ではないと思う。確かに規制退場のお兄さんは「こいつら!」って思うかもしれませんが(笑)、これしか手段が私達にはない。だから叫びます。

 

 

翔くん「つまりファイナルだからやるってわけではないと?」

にのくん「呼ばれたからでたんですよね?」

 

このあとに潤くんがいろいろ言って「1本締めする?」などいろいろ言ってアンコールにたどり着いたみたいです。

 

 

呼んだら出て来てくれることが分かった今、ファンも原点回帰。

「出てきてほしかったら、呼べ」

つまり、求めれば答えてくれるということ。こんなにありがたいことはありません。求めても答えてくれないことなんて生きてたらざらにあるし、むしろそういうののほうが多い。でも求めれば答えてくれるんです、それなら私は求めたい。

 

 

来週は、北海道。わたくしも北海道へ行ってまいります。

初北海道。どきどき。しっかり愛を叫んできます。